遠藤さくらの兄はどんな人?実家は蕎麦屋でお金持ち?父親と母親についても

スポンサーリンク

乃木坂46ファンの楽しみのひとつに、聖地巡礼があります。

メンバーが訪れたお店や楽曲MVの撮影地、ドラマや映画のロケ地など、ゆかりのある場所を訪れて一体感を味わうもので、遠藤さくらさんの出身地である愛知県にも、おなじみの聖地がありますね。

今回は、そんな聖地巡礼にも関係する遠藤さくらさんの家族や実家について、調べてみました。

目次

遠藤さくらの兄はどんな人?

遠藤さくらさんには、3歳年上のお兄さんがいます。

2020年に行われた乃木坂46のバースデーライブで、お兄さんに会った山崎怜奈さんは、『小顔で背が高く、スラっとしている』と外見の印象を語っていました。

兄妹そろって小顔でスタイルがいいなんて、うらやましいですね。

遠藤さくらさんは、「お兄ちゃんは自分とは正反対で、勉強もスポーツもがんばる努力家なところを尊敬している」と話していました。

遠藤さくらの実家は蕎麦屋でお金持ち?

遠藤さくらさんの実家は、蕎麦屋を経営しており、名古屋市内に2つの店舗を構えています。

遠藤さくらさん自身がテレビ番組で告白したことから、一気に有名になりました。

蕎麦屋は、遠藤さくらさんの父親が2010年に開店したもので、コロナ禍の苦しい時期も乗り越えて、順調に経営を続けています。

遠藤さくらさんの父親は、もともとFM局のディレクターをしていましたが、独立して広告代理店やプロデュース業を展開する中、飲食業にも進出しており、なかなかのやり手のようですね。

遠藤さくらの実家の蕎麦屋はどこにある?

遠藤さくらさんの実家の蕎麦屋『えんそば』は、名古屋市内の伏見と錦二丁目に店舗がありますので、それぞれ見ていきましょう。(3号店もありましたが、今は閉店しています)

1軒目は伏見の『路麺えんそば』です。

  • URLをコピーしました!
目次