高本彩花(日向坂46)の“おたけ”の由来は?身長や年齢・出身高校についても

Hinatazaka 日向坂46

「日向坂46」のメンバーとして活動している高本彩花さんですが、「おたけ」と呼ばれています。

なぜ「おたけ」と呼ばれるようになったのでしょうか。

今回は、高本彩花さんの経歴や「おたけ」の由来、出身学校について調べてみました。

 

高本彩花(日向坂46)のあだ名“おたけ”の由来は?

 

 

高本彩花さんが「おたけ」と呼ばれるようになったのは、2018年4月に放送されたグループの冠番組『ひらがな推し』がきっかけでした。

メンバーからは「たけもと」や「たけちゃん」と呼ばれていると明かした高本彩花さんですが、MCを務めていた「オードリー」の若林正恭さんから突然「おたけ」と呼ばれたのです。

若林正恭さんの相方である春日俊彰さんは「いや、おたけだとトリオの一員になっちゃうから。ジャングルポケットになっちゃうからさ」とツッコんだものの、その後も若林正恭さんは「おたけ」と呼び、メンバーやファンにも浸透していきました。

また高本彩花さんの本名は「たかもと」ですが、日向坂46のキャプテンで同期の佐々木久美さんが「たけもと」と言い出したことをきっかけに「たけもと」も浸透し、現在高本彩花さんは「おたけ」、「たけもと」と呼ばれることが多くなっています。

 

高本彩花(日向坂46)のプロフィールや経歴

 

名前:高本彩花
生年月日:1998年11月2日
出身地:神奈川県
血液型:B型
身長:162.2cm
趣味:ショッピング
特技:弓道
所属事務所:Seed&Flower合同会社

 

高校生の頃にAKBグループのメンバーが出演していたドラマ『マジすか学園』で当時SKE48に所属していた松井玲奈さんの事を見てファンになったという高本彩花さんは、松井玲奈さんの卒業コンサートを見て「アイドルになったら松井玲奈さんに会えるかも」と思ったそうです。

そこで欅坂46のオーディションを受けるも落選、しかし初めて審査員の前で自己紹介をしたり歌ったりするという経験を通して、「アイドルになりたい」という気持ちが強くなりました。

2016年に「けやき坂46オーディション」に応募し見事合格、アイドルの道を歩み始めました。

2019年にはファッション誌『JJ』の専属モデルに抜擢、グループで参加した『Girls Award』では松井玲奈さんに会うことが出来、ファンであることを伝えられたそうですよ。

 

高本彩花(日向坂46)の学歴

 

高本彩花さんが通っていた学校について調べてみました。

 

高本彩花(日向坂46)の出身中学

 

出身中学校については公表されていません。

高校が神奈川県秦野市ということで、中学校も秦野市内のどこかかもしれませんね。

高本彩花さんは、幼稚園の頃から中学1年生までダンスを習っていました。

 

高本彩花(日向坂46)の出身高校は秦野曽屋高校!

 

中学卒業後は、神奈川県立秦野曽屋高等学校に進学しました。

 

 

 

映画『僕の初恋を君に捧ぐ』で主演の井上真央さんが弓道部で弓道をやっている姿に憧れて、高校3年間は弓道部に所属していました。

 

まとめ

 

高本彩花さんは、ファンへの対応が良く、さらに歌や演技が上手いと支持されています。

アイドイルとして、モデルとして、今後の高本彩花さんの活躍に目が離せません。

 

↓↓高本彩花さんの他のことについてはコチラ↓↓

高本彩花(日向坂46)の実家はお金持ち?父親と母親・兄弟についても

高本彩花(日向坂46)のすっぴんや水着姿がかわいい!メイク方法も調査

高本彩花(日向坂46)の熱愛彼氏は?好きなタイプや性格についても

 

タイトルとURLをコピーしました