弓木奈於は大学中退?子役出身でミスiDも!本名・メンカラや年収も

スポンサーリンク

乃木坂46の弓木奈於さんは、予測不能なワードセンスをたびたび披露して、名言(迷言)集がまとめられるなど注目を集めています。

念願だった『踊る!さんま御殿!!』への出演も果たし、バラエティ番組を席捲しつつある弓木奈於さんですが、そんな発想力の源はどこにあるか、今回は弓木奈於さんの学歴やプロフィールを中心にいろいろと調べてみました。

目次

弓木奈於の学歴

弓木奈於さんは京都府京都市の出身で、小中学校を地元で過ごした後、高校の途中で転校して上京しています。

出身の小学校から順番に見ていきましょう。

弓木奈於の出身小学校

弓木奈於さんの出身小学校については、地元である京都市の小学校と思われますが、具体的な情報がなく、校名もわかりませんでした。

弓木奈於さんの実家は11人の大家族で、裕福な家庭で育ったことがわかっています。

3歳からピアノと水泳を習い始めていて、小学生のときには京都の駅伝に出たことがあるとも話しており、教育熱心な家庭であることが伝わってきますね。

弓木奈於さんは、アイドルグループ『東京女子流』の新井ひとみさんのファンになり、小学生のころからアイドルやモデルへあこがれて芸能界に入りたいという夢をもっていたそうです。

弓木奈於の出身中学

弓木奈於さんの出身中学校については、京都市内の学校と考えられていますが、具体的な情報はありませんでした。

中学時代の弓木奈於さんはバスケ部に入っていて、センターのポジションを務めていました。

主にリバウンド担当ということで、得点をバシバシ決めるというよりは、大黒柱としてチームを支える感じでしょうか。

中学2年生になった弓木奈於さんは、夢である芸能界へ入るために動き始めています。

2012年には『ソニー・ミュージックアーティスツ』が行ったオーディションに応募してファイナリストに選ばれ、翌年には同社が運営する『劇団ハーベスト』に加入し、芸能界に入るという夢を早くも叶えました。

日出高校出身で和田まあやと同級生

https://twitter.com/d_s_7/status/1421855280787197958?s=20

弓木奈於さんの出身高校は目黒日本大学高校で、元・乃木坂46の和田まあやさんとは同級生の関係でした。

弓木奈於さんがレギュラー出演しているラジオ番組『沈黙の金曜日』に、和田まあやさんがゲスト出演した際に詳しい話をしています。

和田まあやさんは、弓木奈於さんが途中で編入してきたとも言っていたため、最初は地元・京都の高校に入った後、芸能活動をするために目黒日本大学高校へ転校したのかもしれませんね。

編入時は成績上位のグループに配属された弓木奈於さんですが、だんだん成績が下がり、最終的には和田まあやさんと同じ偏差値低めのグループに来たため、和田まあやさんも「あれ?」と思ったそうです。

テレビ番組『乃木坂工事中』で実施した、第1回の学力テストで最下位になった和田まあやさんと、第3回で最下位になった弓木奈於さんが同級生として学んでいたことは、ファンの間で大きな話題になりました。

高校の3年間も、弓木奈於さんは劇団ハーベストの一員として芸能活動を続けており、舞台やCMに出演していました。

弓木奈於の出身大学

https://twitter.com/ganbariMAX521/status/1229069571866296322?s=20

弓木奈於さんは大学に通っていたことを明かしていますが、どこの大学だったかはわかりませんでした。

大学2年となった2018年に、弓木奈於さんは大きな勝負に出ました。

夏から秋にかけて実施された『坂道合同オーディション』を受ける決意をし、「このオーディションに賭けるため、すべてを投げ捨てる」と自分を追い込んで大学を中退し、劇団ハーベストも退団しています。

その結果、見事にオーディションに合格し、坂道研修生となりました。

弓木奈於は子役出身だった!

https://twitter.com/iriyamai0913/status/583606498737008642?s=20

弓木奈於さんは乃木坂46に加入する前から、子役として芸能活動を行っています。

中学3年生のときに、『ソニー・ミュージックアーティスツ』が運営する『劇団ハーベスト』に加入し、劇団公演の舞台を中心に活動していました。

個人の活動としても、2014年公開の映画『偉大なる、しゅららぼん』や、2016年のWebCM『がぶ飲み メロンクリームソーダ』、そして黒猫チェルシーさんのミュージックビデオなどにも出演しています。

弓木奈於はミスiDにも出ていた

弓木奈於さんは2017年に開催された『ミスiD 2018』へ応募し、セミファイナリストにノミネートされています。

弓木奈於さんが大学1年のときで、残念ながら受賞はできませんでしたが、今より少し丸顔でかわいらしい姿を見せていますね。

インタビューでは7人姉弟の大家族であることや、一番下の小学3年生の妹よりも甘やかされて育ってきたので、これからの社会生活が不安だという話をしていました。

弓木奈於のプロフィールや経歴

プロフィール

名前:弓木奈於(ゆみき なお)
生年月日:1999年2月3日
星座:水瓶座
身長:165㎝
血液型:A型
出身地:京都府京都市
憧れのメンバー:白石麻衣、西野七瀬

弓木奈於さんは中学生のときから『劇団ハーベスト』で芸能活動を行っていましたが、大学2年のときに退団し、2018年に開催された『坂道合同オーディション』に合格しました。

オーディション合格者39名のうち21名が、乃木坂46・欅坂46・日向坂46にそれぞれ配属されましたが、弓木奈於さんはどのグループにも呼ばれず、坂道研修生として活動することになりました。

2020年2月になってようやく乃木坂46に配属されましたが、入ってすぐにコロナ禍が広がり、グループ活動が制限されてしまいます。

2020年10月に、先輩・中田花奈さんの後任としてラジオ番組『沈黙の金曜日』のアシスタントに就任し、これが転機となって弓木奈於さんの大活躍が始まりました。

2022年には、乃木坂46の30thシングル『好きというのはロックだぜ!』で初めて選抜入りし、以後選抜メンバーとして活躍しています。

弓木奈於の本名

弓木奈於さんは乃木坂46に入る前の劇団ハーベスト時代、『弓木菜生』という名前で活動していました。

読みは同じですが、漢字の表記が異なっており、菜生の方が本名ではないかと言われています。

一般的に、乃木坂46のメンバーは本名で活動する決まりがありますが、過去に芸能活動をしていたメンバーや、漢字を簡単にしたい場合には、次のような例外が認められていました。

芸名本名違う点
衛藤美彩衛藤実彩美が『実』
高山一実髙山一実髙が『はしごだか』
山崎怜奈山﨑怜奈﨑の右上が『大』ではなく『立』
与田祐希與田祐希与が『與』

弓木奈於さんの場合も菜生が本名ですが、乃木坂46で活動するにあたり『奈於』にしたのではないかという説が有力です。

弓木奈於のメンバーカラー

https://twitter.com/m_s_k_a_01/status/1547946181141340161?s=20

弓木奈於さんのメンバーカラーは、『黄緑』です。

弓木奈於さんの誕生花がツバキで、黄緑でツバキを表現するとともに、ツバキの花言葉の『控えめな優しさ』と『誇り』を持って行動できる女性になりたいと考えて決めました。

また、誕生月の2月は別名で『梅見月』と言われていて、梅の赤梅の花のつぼみの黄緑も同時にイメージしているそうです。

何色にするか悩みに悩んで、お母さんや先輩の山崎怜奈さんにも相談したと言っており、弓木奈於さんの根の真面目さがわかるエピソードですね。

弓木奈於の年収

弓木奈於さんの年収については、公開されていないため正確な金額はわかりませんが、さまざまな角度から考察がされていました。

乃木坂46の給料の仕組みは、『固定給の月給』に『歩合給』を加算して支給されていると言われています。

固定給の月給は、選抜メンバーであるかどうかや在籍年数などで基準があり、そこに歩合給として、CMやドラマ・映画・バラエティ番組など個人活動の金額が加算されるそうです。

2022年の弓木奈於さんは、CMはなかったものの、配信ドラマ『ラブシェアリング』の主演や、数多くのバラエティ番組への出演を果たしており、500万円から600万円くらいの収入があったのでは?と予想されていました。

まとめ

弓木奈於さんは、地元京都市の小中学校に通っていましたが、中学3年生のときに劇団ハーベストに入り、夢だった芸能活動をスタートしました。

CMや舞台への出演が続く中、大学2年のときに一大決心をして大学と劇団を辞め、坂道オーディションに応募して乃木坂46に加入しました。

アイドルになるという夢を叶えた今は、バラエティ番組でさまざまな魅力を開花させており、弓木奈於さんがどこまで昇りつめていくのか今後が楽しみですね。

  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク
目次